レコードの処分方法や売却方法を紹介!

「レコードを処分したいけど、どう処分すればいいのかわからない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、レコードの処分方法や売却方法をいくつか紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

レコードって何ゴミ?

レコードは、不燃ゴミに出せば処分できます。
ですが、自治体によってごみ捨てのルールが違いますので、事前に確認することが大切です。
それだけではなく、レコードがSP盤かLP盤かによっても処分方法は変わります。

レコードの売却

「レコードを分別するのが面倒!」という人には、レコードの売却がオススメです。
レコードを売却すれば、ゴミを分別するよりも手間がかからず、いくらかお金になって戻ってきます。
ですから、レコードは処分するよりも売却する方がお得ですね。
レコードにはいろいろな種類があるので、高く売却できる場合もあります。
レコードが高価なものかどうかは専門家にしかわかりません。
もし、高く売却できていたかもしれないレコードを処分していたらと思うとショックですよね。

レコードの売却方法は3つあります。

フリマアプリで売却

1番身近な方法はフリマアプリで売却する方法ではないでしょうか。
スマホを持っていれば利用できるので、人気が出てきています。
売却するときは、レコードの写真を取ってのせ、購入されたら発送し、購入者の自宅に届けば売上がもらえます。
ですが、慣れていない人は発送作業が大変でしょう。
レコードはしっかり梱包しないと壊れる可能性が高いです。
それに、レコードにくわしくない人は、商品の説明がしっかりできないというデメリットもあります。

リサイクルショップで売却

フリマアプリが苦手な人は、リサイクルショップで売却する方法もあります。
リサイクルショップによってはレコードの買取をしていないお店もあるので、事前に確認しましょう。
リサイクルショップは、レコードの価値を理解している人が少ないく正しい価格で買い取ってもらえない可能性があります。

レコード買取専門店で売却

レコード専門店なら、正しい価格で買い取ってもらえるので安心です。
お店で売却すれば、すぐ処分できるというメリットもあります。
レコードを分別して、ゴミの回収日まで待つ必要がありません。
何よりもお金になって戻ってきます。

まとめ

レコードの処分方法や売却方法をいくつか紹介しましたが、レコードを処分したい人は、専門家に売却するのがオススメです。
少しでも高く買い取ってもらうためには、日頃からお手入れをしておいた方がいいですね。
傷をつけたり付属品をなくしたりしないように気をつけましょう。