レコードプレーヤーの選び方を紹介!

「レコードプレーヤーに興味があるけど、どれを選べばいいのかわからない。」と悩んでいる人もいるでしょう。
そこで今回は、レコードプレーヤーをよく知ってもらうために、魅力や選び方をくわしく紹介していきます。

レコードプレーヤーの魅力

レコードプレーヤーに馴染みがない人は、「結構高そう。」というイメージを持っているのではないでしょうか。
レコードプレーヤーは、1万円程度の手頃な価格で購入できるものもあるので、高くはありません。

さらに、ここ数年ではレコードプレーヤーに馴染みがなかった人でも簡単に楽しめることができます。
例えば、スピーカーやアンプが内蔵されてあるオールインワン型を選べば、機材選びで困ることなく、簡単に音楽を楽しめます。
レコードプレーヤーにくわしくない人でも気軽に音楽を楽しめるようになったのは大きなメリットでしょう。

Bluetooth対応のヘッドホンを使い音楽を楽しめるものもあります。
USB対応のレコードプレーヤーなら、スマホで楽しむこともできます。
何よりもレコードプレーヤーを持っていれば、雰囲気のあるインテリアが可能です。
現代ではスマホがあれば簡単に音楽を楽しめますが、レコードプレーヤーで聴く音楽は一味違います。

レコードプレーヤーを選ぶポイント

選ぶときのポイントをいくつか紹介していきます。

アンプとフォノイコライザが搭載されているかどうか?

レコードプレーヤーで音楽を聴くためには、アンプとフォノイコライザが必要です。
この2つを揃えるとなると、設置スペースが必要ですし、組み合わせを考えるのも大変でしょう。

そんな悩みを解決できるのは、アンプとフォノイコライザが内蔵されているレコードプレーヤーを選ぶことです。
そうすれば、設置スペースで悩むこともなく価格を抑えられます。
ですから、アンプとフォノイコライザが内蔵されているレコードプレーヤーを選べば、簡単に音楽を楽しめます。

ダイレクトドライブ方式のターンテーブルかどうか

レコードプレーヤーで確認しておきたいのは、ダイレクトドライブ式かベルトドライブ式かです。
オススメはもちろんダイレクトドライブ方式ですね。
ターンテーブルとモーターを直結させているので、回転精度が高くなっています。
ベルトドライブ式はベルトが消耗品ですし、劣化すると回転数が遅くなってしまう場合があります。
そのため、ダイレクトドライブ式を選ぶ方がいいでしょう。

BluetoothやUSB対応かどうか

Bluetooth対応ならワイヤレスで便利です。
レコードプレーヤーが置いてある部屋でなくても音楽を楽しむことができます。
オールインワン型のレコードプレーヤーにも搭載されていますね。
USBに対応していれば、レコードでしか楽しめない音楽をスマホやPCでも楽しむことができます。
これは重宝しますよね。購入時にはよく確認しておきましょう。

まとめ

レコードプレーヤーや音楽を楽しめるだけではなくインテリアとしても楽しめます。
1万円程度で購入できるものもあるのでオススメです。
自分の好きなデザインや機能を選びましょう。
部屋の雰囲気に合わせて選ぶのもいいですね。